読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あやのひきこもりたいブログ

あやのつぶやきと家で楽しく過ごすコツをご紹介しています。

七五三の我が子を形にして残すために写真撮影を頼む方は多数です

七五三の日に写真を撮ってもらうことも構いませんが、やることがたくさんで子どもが疲れてしまっては素敵な写真になりません。余裕があるならば、予約をとって別撮りしておけば仕上がりも良いですし、当日も楽しめます。子どもの体調を考え、絶好の時を探して写真を撮り、一回限りの素敵な写真を撮ってください。七五三を祝う時期は数え年にするのか満ですべきなのか、頭を痛めます。子が早生まれですと無理な気がして、実現できるならば兄妹をまとめて祝いたく思いますが、特に決まりはないです。どちらの場合でも大丈夫ですから、悩みすぎずに自分たちにとって出来そうな方を選びお祝いをするように考えたほうが問題なく七五三のお祝いを完了できておすすめです。小さな子供には和装には不慣れの状態です。歩いてもらえないとつらいですから、七五三までには練習しておきましょう。着物を着せることは難しいですが、浴衣などであれば着せることも簡単なので、足袋の練習や草履の練習も一緒に、着物姿から子どもが脱ぐまで嫌がらないよう、慣らしてください。何度か練習すれば、当日に嫌がってはだけてしまうことはありません。